よくあるご相談



痛みがとても苦手です

痛みが苦手な患者さまも多いと思います。
佃歯科では、まず表面麻酔を塗布した後で、電子制御式の注射器を使います。そのため痛みをほとんど感じずに治療を受けることが可能です。 
実際に痛みがなかったと患者さまに喜ばれる事も多いです。
安心してご来院ください。 

中断中の治療があります・・・今更どうしましょう

いつお越しいただいても大丈夫ですが、歯は自然治癒することはありません。痛みがなくても悪化しているかもしれません。
少しでも早く治療を再開出来れば、それだけ治癒が早くなります。お早めに、お気軽にご来院ください。

子供の歯並びが気になります

お子様の歯並びは、健康な歯と体を作るためにもとても大切です。
当院では、健康な歯列を育てるため、矯正治療、食事指導、バイオセラピー*も行っています。
気になる点をお気軽にご相談いただければ、できる限りのアドバイスをいたします。

*バイオセラピーとは、「噛むトレーニング」「舌のトレーニング」「口の周囲の機能訓練」などを行い、正常で健康な機能を育てていく事です。

一度かぶせたり、つめたりした歯がまたむし歯になることはありますか?

結論から言うと、なります。むしろむし歯のリスクは高いと言えます。
これを防ぐには、かぶせやつめものの精度を上げたり、最適な材料を選択することが大切です。
そして一番大切なのは、長持ちさせるための定期的なメインテナンスを行うことです。 

歯磨きをすると出血するのですが、歯周病ですか?

歯周病には、歯肉(歯ぐき)のみに炎症を起こす歯肉炎、歯肉のみならず歯を支える組織(歯槽骨、歯根膜)まで炎症が広がっている歯周炎があります。
歯肉炎でも歯周炎でも歯磨きのとき出血するので、比較的軽度でも起こりえます。 
歯肉炎が進行して歯周炎になるので、早い段階で歯科医院で診てもらった方が良いでしょう。 

他院で歯を抜かなくてはいけないと言われましたが、本当に抜く必要があるのでしょうか

どれくらいの状態だと歯を抜くか、保存するかは歯科医師によって基準はいろいろあります。
抜歯の原因は、むし歯、歯周病(歯槽膿漏)、歯牙破折などがあります。
当院では重度の歯周病でもなるべく抜かずに患者さんと一緒に根気よく頑張って歯を残すよう取り組んでいます。
むし歯、歯牙破折も、様々な方法を使って自分の歯を残すようにしていきます。 

ページトップへ